審美美容歯科・メタルフリーのセラミック治療|府中市の歯医者

デンタルクリニック沼澤:各種保険取扱い 新患・急患随時受付

やさしく丁寧な保険歯科治療

042-354-8100

9:00-12:30 14:00-18:00/19:00

審美歯科セラミック治療

セラミックによるメタルフリー治療

金属を使わないで、身体にやさしいメタルフリー治療とは、銀歯などの金属を使わないで、オールセラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使って治療をすることです。

これにより金属アレルギーや金属イオンによる歯ぐきの黒ずみが解消されます。また、見た目も金属を使用しないので、白く天然歯に近い自然な仕上がりを得ることができます。

今後の歯科治療は金属の治療から金属を使用しない“メタルフリー”の治療がスタンダードとなっていきます。
私ども沼澤歯科医院でもメタルフリーの治療を積極的に行っておりますので、ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

ファイバーコア

虫歯などで神経を取ってしまった歯は、歯を支えるために土台を作ります。

従来では金属の土台(メタルコア)が用いられてきましたが、生体親和性の高いファイバーコアを用いることによって、金属アレルギーや電気の発生を防ぐことができます。また、金属の色が透けては困る前歯の修復にも適しており、歯根が割れてしまうのを防ぐのにも有効です。

プロセラ®オールセラミック・ジルコニアシステム

プロセラ®はCAD/CAMによる審美補綴システムです。
オールセラミックス(ジルコニア)の素材をコンピューターを用い設計から加工まで行うITシステムです。

プロセラ®の技術と、セラミック素材のもつすべての可能性を利用することにより、従来の手で削るより仕上がりが極めて自然なものとなります。

修復歯およびインプラントの究極の審美性と自然な仕上がりに極めて重要な蛍光性、乳光性および光の自然な透過性が実現したのがプロセラ®システムです。

従来の素材オールセラミック違い

素材 メリット デメリット
硬質レジン プラスチックの素材で保険範囲内での治療が可能。 変色・着色しやすく、強度は柔らかく破折・磨耗しやすい。
メタルボンド 陶材と金属を焼き付けて作るので強度がある。 金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出にくい。
ハイブリッドセラミック オールセラミックより安価。歯肉が黒ずみにくく、金属を使用しない。 耐磨耗性がやや劣る。オールセラミックと比較して、修復時の色ツヤが劣化しやすい。保険治療外
オールセラミック
(ジルコニア)
歯肉が黒ずみにくく、高い強度と生態親和性がある。天然歯同様の自然な仕上がりが期待できる。金属を使用しない。 保険治療外

セラミックの治療バリエーション

オールセラミッククラウン

口腔内のすべての歯に適用できる方法で、土台となる歯の外側に人工歯としてすっぽりかぶせるタイプです。
セラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効ではないでしょうか。
インプラントとの併用で天然歯とほとんど見分けがつかない仕上がりが期待できます。

e.max

e.max(イーマックス)は、二ケイ酸リチウムガラスセラミックという従来のセラミック系の詰め物よりも2~3倍の強度を持っている素材になります。
ですから、割れたり欠けたりするトラブルを非常に少なくすることができます。見た目も非常にきれいです。

オールセラミック・ブリッジ

オールセラミックによるブリッジは強度の高いジルコニアを使用し、透過性に優れた素材のため審美性に優れ、見た目が重要になる前歯部の症例に適応しています。

オールセラミック・ラミネートべニア

前歯のエナメル層を薄く削り、その上にセラミックを貼り付けるものです。こちらもセラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効だと思われます。
よく目立つ前歯でもプロセラ・オールセラムのもつ理想的な光の透過性が高い審美性を発揮します。

ケース症例

セラミックによるメタルフリー治療

オールセラミックとハイブリッドセラミックによるメタルフリー審美歯科治療

e.max 治療

e.max(二ケイ酸リチウムガラスセラミック)は、従来のセラミック系の詰め物よりも2~3倍の強度を持っていますので、割れたり欠けたりするトラブルを非常に少なくすることができ、見た目もこのとおり非常にきれいです。

歯肉の審美形成

結合組織による根面被覆症例です。歯が長く見えてしまう歯ぐきの部分を改善します。

e.max 治療

通常の詰め物のタイプで50,000円、大きめの詰め物のタイプで70,000円、かぶせ物のタイプで120,000円でご提供しています。上の写真はどちらも50,000円のものです。

ラミネートべニア&ジルコニアセラミック治療

画面右の前歯1番目と2番目のジルコニアセラミックス治療と、歯の色の修正としてラミネートべニア治療を行いました。

ジルコニアによるブリッチ治療

    • 術前口腔内

    • 術前咬合面

    • 術前パノラマレントゲン

    • 術中形成時正面

    • 術中形成時咬合面

    • 術後口腔内

上顎審美領域をジルコニアセラミックを用いブリッチ治療を行いました。上記は「術前口腔内」「術前咬合面」「術前パノラマレントゲン」「術中形成時正面」「術中形成時咬合面」「術後口腔内」と順番に表示しております。